星と石mama00

上りのエスカレーターを見つけよう!

ご来訪ありがとうございます!
さてさて、星と石のワークショップ〈子育てバージョン〉について
先日記事をアップしたら、多くの方から「行きたい!」と言って頂き、
企画してよかったな~とニマニマしているところです。

 

子連れ参加OKなら行きたい!というお問合せもちらほら
頂いたので、子連れ参加OKの日も作った方がいいよね…
ということで、もろもろ調整中です。
その子がどういう宿命を持っているのか、早く知りたいですものね~!
現在調整中ですので、そちらもしばしお待ちくださいね。

 

そうそう、数年前に友人の子どものホロスコープを観たのですが、
(KOKOri.さんほどではありませんが、私もホロスコープはよめますよん☆)
その時に、どう見ても天文系向きだわー!NASAとか超合ってる!
というホロスコープだったので、そのことを友人に伝え、

(いきなりNASAはハードル高いから)
「JAXA とか、星空のキレイなとことか連れて行ってみては?」

と、アドバイスし、、、数年。
つい先日、

「学校でも有名なくらいの天文マニアになったわー!」

と、ご報告いただきました。

 

いや~ぁ、ホロスコープを知ると、
みんながエスカレーターを見つけられずに
「階段で上がる?」「どうする?」と
グラウンドフロアでウロウロしてる間に
さっさと上りエスカレーターに乗って、
上のフロアに行くようなものだから
早い早い
 スムーズアクセス 

 

グラウンドフロアでウロウロするのも無駄じゃないさ!
人生に必要なことだったのよ!と言う方もいらっしゃいますが、

 

そ う で す か ね?

 

その体験を生かすことはもちろん出来ますし、
体験をしたのならそれには意味があるでしょうし、
せっかく体験したのなら生かした方がいいと思いますが、

 

実は、それって貴重な時間を使ってわざわざ体験しなくても
上のフロアに上がってから下を見たら、
「ふーん、そういうこともあったんだね~」と
思うくらいのことではないでしょうか!?

 

上のフロアに上がってから俯瞰で見たって
学習は出来ますから、上のフロアに行きたいなら、
さっさと行ってみてしまった方がいいと思いますがね。
体験することに意味があるなら、体験をしないことにも意味がありますよ(笑)。

 

そしてね、上りエスカレーターの位置を知ってるんだから
上がってからグラウンドフロアを眺めて、
「あ、自分もやってみたかった!」と思って、
体験をしに、一度グラウンドフロアに降りたって、
またすぐに上ることが出来るんですよ(^_-)-☆

 

ずっとグラウンドフロアにいたいのならいいと思いますよ。
でも、やはり時間はお金では買えません。

 

例えば、今年の秋に知っていれば、
冬休みにJAXAへ見学に行ってみて体験するのと、
もし来年、大災害が起きて、
JAXAへ見学どころではなくなってから
「ぼく、実は宇宙に興味あったんだよね~」
と言われても、
「今はそれどころじゃないので、いつか…ね?」
としか言えなくないですか?

 

上のフロアに上がってみて「やっぱ違ったー!」なら、
そこで方向転換するのも別にいいと思うんです。
経験値として、JAXA見学体験は残るわけですから。

 

でも、もともと宇宙関係向き
という宿命をもっていたのに、
それを知らないまま
その世界に触れてみる機会が
失われたら
もったいない
と思いませんか?

 

だから、おしつけたり、線路を敷くということではなく
向いてる方向性が分かって、
その扉を少し開いて
「こんな世界もあるよ」
って見せてあげる。

 

お母さんも万能じゃありませんし、
当たり前ですが、
お母さん自身も知らないことがイッパイあります。
そしてお母さんが知っていることが、
イコール子どもに向いていることとは限りません。
どんな世界が向いているのかを
知らないままだと、

どの扉をひらいていいか
わからなくないですか?

そして子どもがお稽古まみれになって、本来の向いてるものに出会う時間がなくなるとか

 

そして、お母さんとお子さん双方のホロスコープを見ます。
ちょっと気づきの扉を開けてあげるだけでいいのに、
お母さんの性質はバーン!と扉を開けて
虎の穴に放り込みがちな
肝っ玉かあちゃん系
だったとしましょう。
だ け ど、
子どもは超慎重派だから!
そのやり方では無理だから!
なんてこともわかります。

 

わかってるのに、
ついやってしまいがちなお母さんは、

是非天然石のペンダントヘッドを
作ってお持ち帰りになり
「虎穴に入らずんば虎子を得ずよ!」
って気持ちになったら
それを見て一度冷静になって頂くと
よいかと~!(^_-)-☆

 

ま、そんな感じのことが分かるのが、
星と石のワークショップ〈子育てバージョン〉です。
日頃の星と石のワークショップでは、
ご自分でもある程度よめるようになるところを
目指してお伝えしていますが、
このワークショップでは、ホロスコープを
よめるようにまではなりません
子育て、子どもについて見るなら、
ココのポイントを見る!

ってことがわかるようになる、部分フォーカスバージョンです。
その旨はご了承くださいね。

 

しかし、学年ならともかく学校で有名ってスゴイな(笑)。
将 来 有 望 じゃないですか!
行く末が楽しみです