いい菌とよろしくない菌って?

ご来訪ありがとうございます。

菌話再びです。
まだ続くのです。

麹菌だってカビじゃないのー?
とか、
どの菌が良くて何が悪いのやら?
とか、
じゃあそもそも除菌って何?
とか、、、色々とそんな話もあるからです。

 

さて、私たちの身近なところに、
どんなカビ・菌があるかというと、

 

例えばもやしもんのオリゼーこと コウジカビ なんてのは、
酵素力も強く、糖化力、タンパク質分解力に優れています。

オリゼー

(もやしもん読者にはお馴染みですね)

また、フザリウム菌 は、
人の目や皮膚NGだったり、食中毒のモトとなったりします。
ただ、昆虫を病死させますので、
害虫退治には有効だったりします。
また、プラスチックも腐食しますので、
ごみ処理辺りには有用かもしれませんね(^_-)-☆

 

前にも言ったように、ニンゲン様の知識・研究は
まだまだ微生物たちの 全容解明 には
遥か遠く及ばない のですよ。
現段階でも、微生物の歴史は 5億年 は遡れます。
今の二足歩行の人類としての歴史は
たかだか 200万年程度 です。

 

だから、あっさーい知識で、
除菌 といってまるっと除いてしまうのは
よろしくない のですね。
しかもそれを化学物質でやったら危険極まりなし
菌・ウイルスのもっとも生息する地べたに直接座って、
除菌アイテム活用しまくるとか、、、よく意味がわかりません。

 

ただ、ヒトが死ぬのは、だいたい菌・ウイルスが原因です。
だから、あなどってもいけない のです。

 

というわけで「多様な菌との共生」
ここが着地点かな、というところなのですが、
何がいい菌で、何がよろしくない菌か?

 

これも不遜なハナシなのですが、
人間の役に立てば有用菌、立たなければ無用のものぐらいに
区分されているようですが、、、
「いらんと思ってたら結構役に立ってたー!」なんてことも
後から分かったりしていて、
まだまだ研究途中といったところ。

もやしもん(実はすっごいお役立ち漫画です)

 

簡単な区分としては「色」ですが、
キケンだからといって、安易にカビキ○ーなどを
シューッとふきかけるのもファ○リーズなどを
ふきかけまくるのも、特に子供のいるご家庭では
やめてあげてくださいねー!

 

近日中に水晶魔女に会ってみたい方魔女コンサルビジュフルール星と石のワークショップ