西洋マジックの伝承

ご来訪ありがとうございます。
先日、ホントウの西洋マジックの根幹の根幹という
秘術を惜しげもなく教えて頂き、
現在それをモトにして、
私の中のタロット情報の更新&構築中です。

とはいえ、私のリーディングは、
もともとあまりタロットの意味重視ではなく
(もちろんそれぞれのカードの意味などは覚えてはいますよ)
感覚メインだったので、そうショックではなかったんですが。

それでも、先生には「大丈夫? 憮然としてるけど」と言われましたが、
……それは生まれつきデス
いや、正確には、3歳くらいで愛想というものを使い切ったからです。

西洋マジックの秘伝の伝承には、
例えば、線を1本多くして伝えるんだそうです。

どういうことかというと、
西洋は「木を隠すには森」とばかりに、
例えば魔法陣に線を1本足して、
十分には効かない
もしくは逆作用するような形にして、
広く伝えてくるのだそうです。
効かないだけならともかく、逆作用とか怖いんですけどw

ただ、広く伝えるから、
関連本はイッパイ出版されるのだとか。
商魂たくましいですね。

open-book-1428428_640

タロットの本も、洋書はイッパイあります。
ただ、そういうことですので、
一度バラして組み立てないと
真実は見えてこないんだとか。

ラッキーなことに、今回、一度バラして再構築した
秘術を教えて頂いたので(先生が日本人でよかったw)
あとはそれを基礎に積み上げるだけ~

そうなんですよ。前にそのことを研究した時は
なーんか腑に落ちなかったんですよね。
だから、あまり使ってなかったんですが、
そもそもの前提である根幹部分が違ったのです。
今回は腑に落ちた!ハマる ハマる
いや~、楽しい
ヲタク気質だから、こーゆーのは楽しくて仕方ないんです

2017年、パワーアップした魔女のタロットコンサル、
お楽しみに~~~
問 題 は 日 程 の 確 保 だ!