友だちって、沢山必要?

ご来訪ありがとうございます!

いっちねんせ~になった~ら(×2)、
友だっち100人でっきるっかな~!?

って歌、ありましたよね。
ま…アレ、友だち100人作って富士山の上でおにぎり食べたいそうなんですけど、本人どこ?  というちょっとホラーな歌でもあるのですが(笑)

 

ロビン・ダンバー説によると、
生涯で出来る友だちの数は、
基本的には150人が限界なんだそうで、

小学校時代に100人も作ったら作りすぎなんですって(笑)。
あとの人生の方が長いよ?
色々出会い、あるよ。

[amazonjs asin=”4772695249″ locale=”JP” title=”友達の数は何人?―ダンバー数とつながりの進化心理学”]

そんなことを聞きに?
先日、おのころ心平さんの講演会に行ったのですが、
そう考えると、Facebookの友だち上限5,000人とか
多すぎますね(笑)。

 

自分の例を鑑みても、小学校時代の友達とか
本当に仲のいい友達なんて
2人もいればいいんじゃないですかね?
でも、地域だったり、塾だったり、色んなところに
1人ずつでも本当に仲のいい友達がいるといいですよね。
子どもの世界はとかく狭くなりがちなので。

 

友だちが沢山いるといいっていう考えは、
いじめ問題の根底に潜んでいると思いますよ。

 

【現在提供中の魔女メニュー】
● 最新情報はこちら
● メルマガはこちら

 

近日中に水晶魔女に会ってみたい方魔女コンサルビジュフルール星と石のワークショップ