大往生

 

天然系癒しキャラとして、元気印として一部の方に大人気だった
祖父が老衰で、8/2の夜に旅立っていきました。

103歳にして、いっさいの持病なし、生涯、白内障と骨折ケアという外科的な
対処法しか受けたことないんじゃなかろーか、というくらいの大往生です。
サプリなどを飲んでいるのも見たことないですしね。

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも、我が祖父ながら「旅立った」という表現がぴったりなくらい
亡くなってすぐのじーちゃんをとりまく部屋の空気があまりに清浄でビックリ。

私は霊感があるとか、この世ならざるものが見えるというわけじゃありませんが、
(正確に言うと、生まれた時の星回り的に「ないわけはない」らしい。
 ただ、ものすごーく強い守護霊が守ってくれてるんだそう。感謝!)
余計なものをすべてそぎ落として、世俗的なものも全て置いて、
天使たちが迎えに来て天国に旅立っていったような絵が
イメージ出来るような空気でした。。。イメージですけどね。

現世?今世?が終わったばかりで何ですが、
じーちゃんの前世は聖人だったかもな・・・と、今更ながらに思いました。
まぁ、正解かどうかはわかりません。

が、孫にそう感じさせるくらいの‘気’を残して逝きました。
多分、未練とかそういうものは何もないだろうと思います。
覚えてないだけかもしれないですけどwww

結局、呼び出しも1回だけで(これはホームの人の見立てがGJだったのかな!?)、
基本的に人の手を煩わせるようなことをしなかった祖父。
真夏のお別れ会って ToT ・・・と思っていましたが、奇跡的に暑くない日で。
ホールに着いて斎場への往復・・・って時は傘がいらない程度の雨で。
斎場の人にも「一番大きな骨壺に入りきらないかと思いました」と言われるくらい、
亡くなってもさすが!な、自慢の祖父でございます。

が、、、じーちゃん、一周忌とか三回忌などは、時期がズレても勘弁してね。
8月頭のお墓参りは、下手したら自分がお墓に入ることになりそーで...←