天然石の加工について

 

天然石の加工についてですが、
基本的には発色をよくするための加熱などの
加工を行っているクリスタルがほとんどです。

 

例えば、現在お取り扱いのある
天然石の鑑別結果より抜粋しますと、

クンツァイトとカイヤナイトは、透明度の改善を目的とした
無色透明材の含浸が行われています。

トルコ石は光沢および耐久性の改善を目的とした
透明材の含浸処理が行われています。

とあります。

 

逆に、カット・研磨以外に人的手段が施されていないものとされているのは
(順次更新されているので全ては紹介できませんが)

鉱物名:天然ガーネット/宝石名:ロードライトガーネット

鉱物名:天然オリビン/宝石名:ペリドット

鉱物名:天然クォーツ/宝石名:アメシスト

鉱物名:天然クォーツ/宝石名:ロッククリスタル/流通名:ヒマラヤ水晶

鉱物名:天然コーディエライト/宝石名:アイオライト

などがあります。

 

人的手段が施されていないことにこだわる方もいらっしゃいますが、
やはり、あまりアクセサリー向きではなくなるため、
その場合はアクセサリーで…というよりも、タンブルなど、
原石に近い形で持つことをおススメします。

 

また、必要以上の加工には大いに疑念がありますが、
色が濃くなることにより、色の持つパワーはアップしますので、
確かにより自然に近いという意味では失われてしまうモノも
あるかもしれませんが、一概に悪いことばかりではありません。

 

それに例えば、耐久性のアップを目的とする加工は、
加工を施さずにすぐに欠けてしまったりするようでは日頃、
お気軽に身につけて頂くアクセサリーとしては、正直、
使いづらくなってしまいますので、アクセサリー用の天然石としては
必要な加工だと考えています。程度問題ではありますが。。。

 

また、天然色の珊瑚などは、今では高価すぎて
お手元に届きにくくなってしまいますが、着色コーラルでも、
珊瑚(コーラル)は女性が持つものとして特におススメですので、
積極的に使いたいと思っています。

 

ただひたすらパワーストーンのチカラのみを追求する
パワーストーンアクセサリーというよりも、
“綺麗を叶える大人の女性のための天然石アクセサリー”という
基本コンセプトでお作りしておりますし、そのような加工を施したら
“天然石”ではなくなるとは考えてはおりませんので、ご了承ください。

 

ソーティング結果がありますので、人的手段が施されていないと
鑑別されている天然石のみでアクセサリーを作って欲しい
というリクエストも、オーダーの際にお申し付け頂ければ
お受けすることは出来ます。

 

ただ、鑑別結果には、
「通常、色の改善を目的とした加熱が行われています」というものや、
コメント欄が無表記のものも多く、
「カット・研磨以外に人的手段が施されていない」と、断定されている
天然石のみを使用するとなりますと、使える天然石が
限られてしまいますので、その旨、ご了承ください。

 

近日中に水晶魔女に会ってみたい方魔女コンサルビジュフルール星と石のワークショップ